大阪でFP相談ならビッグライフ 中小企業のコンサルティング 個人のライフプラン 相続等のお悩み受付ます。

会社案内

会社案内
実際のところ、FPの価値は保険加入の仕方と担当者が誰か?によって何倍にもなります。私はあなた様の保険の価値を最大限まで引き上げる事をお約束します。

ビッグライフFPのサガラ 担当者 お客様へのお約束

一、 私は顧客の利益を会社の直接間接利益より優先させます。

一、 私は最善のアドバイスが出来るよう最新知識を習得します。

一、 私は顧客の事業上及び個人的情報は大小問わず秘密を守ります。

一、 私は顧客が適切な判断を下せる様必要十分な情報知識を提供します。

一、 私は生命保険と損害保険の専門家として相応しい品行を維持します。

一、 私はいかなる状況に置いても保険の乗り換えは顧客利益を最優先します。

以上

ご契約者様にお知らせ です。

FPのサガラって?

FP相談はどこでだれに相談しても同じでしょうか?

実はFP相談の保険の価値は「あなたの担当者が誰か?」によってその価値は何倍にも高まるのです。

FPのサガラはあなたの保険の価値を最大限に高めます。
a:2580 t:5 y:3

画像の説明

「今加入している保険、ホントに必要?」

「毎月の負担を、もう少し軽くできない?」

「10年後、この保険はどうなるの?」

画像の説明

いざ見直そうと思っても保険会社はたくさんあるし、
そもそも保険自体が難しくてわかりづらい。

そんな悩みにお答えするのが、FPのサガラなのです。

安心出来る乗合代理店のFPで

保険の仕組みから今あなたにホントに必要な保険の組み合わせまで

生保損保40社以上の保険会社の商品を選びながら分かりやすくアドバイス。そして最後は必ず、お客様ご自身に納得したうえで選んでいただいています。

今加入している保険の確認や、相談だけでももちろんOK。気に入ったものがあれば、もちろん契約もできます。

無理な勧誘は一切なく、相談はいつでも何度でも無料なので、多くのお客様から支持を得ています

今すぐ電話で相談されるなら

06-6654-5247 
年中無休24時間受付 

会社案内

画像の説明

事務所名 FPのサガラ

代表者 相良雅弘

所在地 

〒559-0001大阪市住之江区粉浜3丁目13-33号

電話番号

TEL 06-6654-5247

FAX番号

FAX 06-6674-5246

e-mail

info@biglife-hoken.com

創業 

平成6年8月

事業内容 

生命保険、損害保険の提案、アドバイス

主要取引銀行

りそな銀行 光明池支店
三菱東京UFJ銀行 光明池支店

取扱保険会社 

東京海上日動火災保険株式会社
画像の説明

その他、株式会社ライフプラザパートナーズのFAとして
計20社
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
朝日火災海上保険株式会社
AIU損害保険株式会社
エース損害保険株式会社
共栄火災海上保険株式会社
コファスジャパン信用保険会社
ジェイアイ傷害火災保険株式会社
スター保険(スター・インディムニティ&ライアビリティ・カンパニー)
セコム損害保険株式会社
ソニー損害保険株式会社
そんぽ24損害保険株式会社
損害保険ジャパン日本興亜株式会社
チューリッヒ保険会社
東京海上日動火災保険株式会社
日新火災海上保険株式会社
ニューインディア保険会社
日立キャピタル損害保険株式会社
フェデラル・インシュアランス・カンパニー・ジャパン(チャブ・グループ)
富士火災海上保険株式会社
三井住友海上火災保険株式会社

東京海上日動の動画はコチラ

東京海上日動あんしん生命保険株式会社
画像の説明

その他株式会社ライフプラザパートナーズのFAとして計23社
アクサ生命保険株式会社
朝日生命保険相互会社
アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)
AIG富士生命保険株式会社
SBI生命保険株式会社
エヌエヌ生命保険株式会社
オリックス生命保険株式会社
ジブラルタ生命保険株式会社
住友生命保険相互会社
ソニー生命保険株式会社
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社
第一生命保険株式会社
チューリッヒ生命
東京海上日動あんしん生命保険株式会社
日本生命保険相互会社
富国生命保険相互会社
マスミューチュアル生命保険株式会社
マニュライフ生命保険株式会社
三井住友海上あいおい生命保険株式会社
三井生命保険株式会社
明治安田生命保険相互会社
メットライフ生命保険株式会社
メディケア生命保険株式会社

少額短期保険
株式会社ライフプラザパートナーズのFAとして
計6社
アスモ少額短期保険株式会社
SBI少額短期保険株式会社
さくら少額短期保険株式会社
東日本少額短期保険株式会社
ペッツベスト少額短期保険株式会社
ペット&ファミリー少額短期保険株式会社

加盟団体 

堺商工会議所会員
堺商工会議所青年部会員
泉大津商工会議所会員
一般社団法人 大阪府倫理法人会会員
一般社団法人 大阪損害保険代理業協会会員

勧誘方針-お客様への販売・勧誘にあたって

お客様への相談・斡旋にあたって

お客様の視点に立って
ご満足いただけるように努めます。

◆保険その他の金融商品の相談にあたって

・お客様の商品に関する知識、購入経験、購入目的、財産状況など、商品の特性に応じた必要な事項を総合的に勘案し、お客様のご意向と実情に沿った商品の説明および提供に努めます。

・特に市場リスクを伴う投資性商品については、そのリスクの内容について適切な説明に努めます。

・お客様にご迷惑をおかけする時間帯や場所、方法での勧誘はいたしません。

・お客様に商品についての重要事項を正しくご理解いただけるように努めます。また、相談形態に応じて適切な説明に努めます。

◆各種の対応にあたって

・お客様からのお問い合わせには、迅速・適切・丁寧な対応に努めます。

・保険金等のご請求手続きの相談にあたりましては、迅速・適切・丁寧な対応に努めます。

・お客様のご意見・ご要望を販売活動に生かしてまいります。

各種法令を遵守し、保険その他の
金融商品の適正な販売に努めます。

・保険業法、金融商品の販売等に関する法律、消費者契約法、金融商品取引法、個人情報の保護に関する法律、その他の関係法令等を遵守します。

・適正な販売を行うために、事務管理体制の整備や相談にあたる者の研修に取り組みます。
・お客様のプライバシーを尊重するとともに、お客様に関する情報については、適正な取扱いおよび厳正な管理をいたします。

・未成年の方、特に満15歳未満の方を被保険者とする保険契約等については、保険金の不正取得を防止する観点から適切な相談に努めす。

***
以上の方針は「金融商品の販売等に関する法律」(平成12年法律第101号)に基づく弊店の「勧誘方針
です。

<事務所名・各種ご相談、お問合わせ窓口>
FPのサガラ
〒559-0001 大阪市住之江区粉浜3丁目13番33号
TEL:06-6654-5247    担当 相良雅弘

プライバシーポリシー

当事務所の個人情報に関する取扱いについて
(当事務所の個人情報保護に関する基本方針)

 当事務所は、個人情報保護の重要性に鑑み、また、保険業に対する社会の信頼をより向上させるため、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)その他の関連法令・ガイドラインを遵守して、個人情報を適正に取扱うとともに、安全管理について適切な措置を講じます。

 当事務所は、個人情報の取扱いが適正に行われるように従業者への教育・指導を徹底し、適正な取扱いが行われるよう取り組んでまいります。また、個人情報の取扱いに関する苦情・相談に迅速に対応し、当社の個人情報の取扱い及び安全管理に係る適切な措置については、適宜見直し改善いたします。

(1)個人情報の取得
 当社は、十分な安全管理措置を講じたうえで、業務上必要な範囲で、かつ、適法で公正な手段により個人情報を取得します。

(2)個人情報の利用目的
 当事務所は、各保険会社の委託を受けて取得した個人情報を、FP相談損害保険、生命保険およびこれらに付帯・関連するサービスの提供等の各社の業務の遂行に必要な範囲内で利用します。その他の目的に利用することはありません。
 
 上記の利用目的の変更は、相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲においてのみ行い、変更する場合には、その内容をご本人に対し、原則として書面等により通知し、またはホームページ(URL)等により公表します。
 
 当社に対し保険募集業務の委託を行う保険会社の利用目的は、各社のホームページ(以下)に掲載してあります。
東京海上日動火災保険株式会社 (http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/
東京海上日動あんしん生命保険株式会社(http://www.tmn-anshin.co.jp/

(3)個人データの安全管理措置
当事務所は、取扱う個人データの漏えい、滅失またはき損の防止その他の個人データの安全管理のため、安全管理に関する取扱規程等の整備および実施体制の整備等、十分なセキュリティ対策を講じるとともに、正確性・最新性を確保するために必要かつ適切な措置を講じ、万が一、問題等が発生した場合は、速やかに適切な是正対策をします。

(4)個人データの第三者への提供
 当事務所は、個人データを第三者に提供するにあたり、以下の場合を除き、ご本人の同意なく第三者に個人データを提供しません。
①法令に基づく場合
②人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
③公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
④国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

(5)センシティブ情報の取扱い
 お客様の健康状態・病歴などのセンシティブ情報につきましては、保険業法施行規則および「金融分野における個人情報保護に関するガイドライン」により、お客様の同意に基づき業務上必要な範囲で利用するなど業務の適切な運営の確保その他必要と認められる場合に利用目的が限定されています。
当社はこれらの利用目的以外には、センシティブ情報を取得、利用または第三者提供しません。

(6)当事務所に対するご照会
 下記お問い合わせ窓口にお問い合わせください。また保険事故に関するご照会については、下記お問い合わせ窓口のほか、保険証券に記載の事故相談窓口にお問い合わせください。
ご照会者がご本人であることをご確認させていただいたうえで、対応させていただきますので、あらかじめご了承願います。
お問い合わせ窓口】
代理店(所在地)大阪市住之江区粉浜3丁目13-33
    (名称)「FPのサガラ」
電話番号:06-6654-5247(年中無休24時間受付)
    (電子メールアドレス):info@biglife-hoken.com
    (ホームページアドレス):http://www.biglife-hoken.com

個人情報取扱規定

個人情報取扱規程

第1章 総則
(目的)
第1条 本規程は、当事務所におけるFP相談業務に係る個人情報の適法かつ適正な取扱の確保に関する基本的事項を定めることにより、個人の権利・利益を保護することを目的とする。

(定義)
第2条 本規程における各用語の定義は、「個人情報の保護に関する法律(以下、「個人情報保護法」という。)」及び関係各省庁の個人情報保護に関するガイドラインによるものとする。

(適用)
第3条 本規程は、当事務所の従業者(保険募集に従事するか否かを問わない。)に適用する。

(個人情報の安全管理に係る基本方針)
第4条 当事務所における個人情報の適法かつ適正な取扱を確保するため、次の事項を含む個人情報の安全管理に係る基本方針を定める。
(1)個人情報取扱事業者の名称
(2) 安全管理措置に関する質問及び苦情処理の窓口
(3) 個人データの安全管理に関する宣言
(4) 基本方針の継続的改善の宣言
(5) 関係法令遵守の宣言
2.個人情報の安全管理に係る基本方針は、当代理店の従業者に周知するとともに、当代理店のホームページへの掲載、事務所への掲示等にて公表する。

第2章 管理体制
(個人データ管理責任者)
第5条 当事務所は、「相良雅弘 」を個人情報の安全管理に係る業務遂行の総責任者(個人データ管理責任者)とする。
2.個人データ管理責任者は、次に掲げる業務を所管する。
① 個人データの安全管理に関する規程及び委託先の選定基準の承認及び周知
② 個人データを取り扱う部署毎の個人データ管理者の任命及び本人確認に関する情報の管理者の任命
③ 個人データ管理者からの報告徴収及び助言・指導
④ 個人データの安全管理に関する教育・研修の企画
⑤ その他個人データの安全管理に関する事項
3.前項②に定める個人データ管理者は、個人データ管理責任者が兼務することができる。
4.第2項②に定める本人確認に関する情報の管理者は、個人データ管理者が兼務することができる。

(個人データ管理者)
第6条 個人データ管理者は、次に掲げる業務を所管する。
① 個人データの取扱者の指定及び変更等の管理
② 個人データの利用申請の承認及び記録等の管理
③ 個人データを取り扱う保管媒体の設置場所の指定及び変更の管理
④ 個人データの管理区分及び権限についての設定及び変更の管理
⑤ 個人データの取扱状況の把握
⑥ 委託先における個人データの取扱状況等の監督
⑦ 個人データの安全管理に関する教育・研修の実施
⑧ 個人データ管理責任者に対する報告
⑨ その他所管部署における個人データの安全管理に関すること

(自主点検の実施)
第7条 個人データ管理責任者は、別に定める「個人データの取扱状況の点検に係る規程」に従い、個人情報の取扱に関する法令及び諸規程の遵守状況に関する自主点検の実施計画を立案し、個人情報取扱部署毎に自主点検を定例的に実施する。
2.自主点検の実施責任者は当該取扱部署の個人データ管理者とし、点検結果を個人データ管理責任者へ報告する。

(体制の見直し)
第8条 個人データ管理責任者は、前条の自主点検の結果に照らし、必要に応じて個人情報の取扱に関する安全対策、諸施策を改善しなければならない。

第3章 運用
(管理原則)
第9条 個人情報は、本規程に従い適切に管理し、その重要度に応じて取得、利用、移送、保管、廃棄する。

(利用目的)
第10条 当事務所は、個人情報の利用目的をできる限り特定する。
2.個人情報は、あらかじめ本人の同意を得ずに、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて取扱ってはならない。
3.利用目的を変更する場合には、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると認められる範囲を超えて行ってはならず、変更された利用目的は遅滞なく本人に通知又は公表を行う。

(適正な取得)
第11条 個人情報は、偽りその他不正の手段により取得してはならない。

(利用目的の通知・公表・明示)
第12条 当代理店は、個人情報の取得に際し、当事務所の利用目的をあらかじめ公表している場合を除きその利用目的を本人に通知する。
2.当事務所は、書面により個人情報を取得する場合には、あらかじめ本人に対し当事務所の利用目的を明示する。ただし、個人情報保護法第18条2項に定められている場合を除く。

(センシティブ情報)
第13条 センシティブ情報については、法令・諸規則に定められた場合のほか、原則として取得、利用又は第三者提供を行わない。
2.適切な業務運営を確保する必要からセンシティブ情報を取得、利用又は第三者提供する場合は、本人から同意を得ることとする。

(個人データの正確性の確保)
第14条 当事務所は、利用目的の達成に必要な範囲内において個人データを正確かつ最新の内容に保つものとする。

(個人情報等の取扱台帳)
第15条 個人データ管理責任者は、取り扱う個人情報等の取扱い状況を確認できる手段として以下の事項を含む台帳等を整備するとともに、適宜に見直しを行うものとする。
① 取得項目
② 利用目的
③ 保管場所・保管方法・保管期限
④ 管理部署
⑤ アクセス制限の状況
2.個人情報等の取扱部署の個人データ管理者は、本条第1項に定める台帳に関する事項を個人データ管理責任者に報告しなければならない。

(安全管理措置)
第16条 当代理店は、取り扱う個人データの漏えい、滅失又はき損の防止その他の個人データの安全管理のため、組織的、人的、技術的に適切な措置(以下「安全管理措置」という。)を講じるものとする。
2.安全管理措置は、個人データの安全管理に係る取扱規程に定めるものとする。

(漏えい時の対応)
第17条 従業者は、自らの部署において個人情報の漏えい等の事故又は違反の発生あるいはそのおそれのある場合は別に定める「個人データの安全管理に係る取扱規程(漏えい事案等への対応の段階)」に従い、直ちにその旨を個人データ管理責任者に報告し、その指示を求めなければならない。

(従業者の監督)
第18条 当事務所は、従業者が個人情報等を取り扱うにあたり、必要かつ適切な監督を行う。
2.当事務所は、従業者に対して個人情報の保護及び適正な取扱いに関する誓約書等の提出を命じることができる。

(社内教育)
第19条 従業者に対する個人情報の保護及び適正な取扱いに関する教育方針は、個人データ管理責任者が計画、決定する。
2.従業者は、個人データ管理責任者が指定する個人情報の適正な管理に関する研修を受講しなければならない。

(委託先の監督)
第20条 個人データ管理責任者は、個人データの取扱いの全部又は一部を委託する場合は、取扱いを委託した個人データの安全管理が図られるように、別に定める「個人データの外部委託に係る規程」に従い、委託先に対する必要かつ適切な監督を行わなければならない。
2.前項の委託を行う個人データ管理責任者は、委託先に対し以下の各号の事項を実施しなければならない。
(1) 委託先の個人情報保護体制が十分であることを確認したうえで委託先を選定すること
(2) 委託先との間で、次の事項を含む契約書等を締結すること
① 委託者の監督・監査・報告徴収に関する権限
② 委託先における個人データの漏えい、盗用、改ざん及び目的外利用の禁止
③ 再委託における条件
④ 漏えい事案等が発生した際の委託先の責任

(第三者提供の制限)
第21条 当事務所は、法令で定められた場合を除き、あらかじめ本人の同意なく個人データの第三者への提供を行わない。

(開示・訂正・利用停止)
第22条 当事務所は、FP業務に係る保有個人データに関し、個人情報保護法に基づく開示・訂正・利用停止等の求めを受けた場合は、FP協会の定める方法により保険会社にその旨を連絡するものとする。
2.FP業務に係る個人データに関し、個人情報保護法に基づかない一般的な問い合わせ等の場合は、本人確認を適切に行ったうえ回答を行うことができる。

(苦情の処理)
第23条 当事務所における個人情報の取扱いに関する苦情の窓口は、個人データ管理責任者とする。
2.従業者が、個人情報の取扱いに関する苦情を受付けた場合は、速やかに個人データ管理責任者に報告を行わなければならない。

(罰則)
第24条 当事務所は、本規程に違反した従業員に対して就業規則等に基づき処分を行う。また、その他の従業者に対しては、契約又は法令に照らして決定する。

(改廃)
第25条 本規程の改廃は、事務所店主の決裁において行うものとする。

<附則>
第1条 本規程は 平成28年 10 月 1日より実施する。

以 上

「FPのサガラ 」FP事務所における個人データ管理者等

個人データ管理者 相良 雅弘

本人確認に関する情報の管理者 相良 雅弘

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional