大阪でFP相談ならビッグライフ 中小企業のコンサルティング 個人のライフプラン 相続等のお悩み受付ます。

保険の仕組みについて|FPのサガラ

保険の仕組みについて


私たちが病気になった時、ケガをした時に役に立つのが生命保険です。
何気なく生命保険に加入している方もいらっしゃるかもしれませんが、ご自身が加入している保険の仕組みや中身をしっかりと把握している方は少ないのではないでしょうか。 ここでは、保険の仕組みについて解説いたします。

生命保険の基本的な考え方について

生命保険の基本的な考え方として「一人は万人のために、万人は一人のために」という言葉があります。
この言葉は、助け合いの精神から生まれた言葉であり、生命保険はまさにこの言葉を表しているといっても過言ではありません。

生命保険とはすなわち、大勢の人々が少額ずつのお金を出し合い、それが積み重なって出来た共有財産といえます。
そしてこの共有財産は、仲間に病気やケガなど、万が一のことがあった場合に取り崩され、治療費に充てられるのです。
まさに大勢の人間が一人の人間を助け、一人の人間が大勢の人間を助け合う体系になっています。

保険に加入していても、人を助けているという実感はないかもしれませんが、加入するだけでも人助けに貢献出来るのです。

どうやって保険料が決められるのか

保険料は年齢に応じて金額が変動するものであり、若ければ若いほどに安く、年齢を重ねるごとに高くなってくるのが一般的です。

なぜこれが一般化しているのかというと、保険料は過去の死亡統計から将来の死亡数を予測する予定死亡率と、どのぐらいの利率で運用できるかを予想して立てられる予定利率、経費がいくら必要になるかを予測する予定事業費率に基づいて計算されているからです。

つまり、年齢によって保険料が変動する背景は、この予定死亡率から起因しています。一見すると保険料の決定は公平さに欠けているように見えますが、しっかりと公平を期して決定されているのです。


大まかにですが、保険の仕組みについてご紹介させていただきました。

保険の仕組みは保険選びに当たって役立つ知識です。

また人気ランキングなども参考になりますので、今から保険の加入を予定されている方やご加入済みの方も、今一度保険の見直しや比較、ご相談などを検討してみてはいかがでしょうか。

まずは保険の仕組みを把握してから、保険選びを行いましょう。
FPのサガラは大阪市住之江区粉浜で、お気軽にご相談いただけるFP事務所ですので、是非ご利用ください。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional