大阪でFP相談ならビッグライフ 中小企業のコンサルティング 個人のライフプラン 相続等のお悩み受付ます。

自動車事故の基礎知識|FPのサガラ

自動車事故の基礎知識


スリップ事故

日常的に出遭う確率が高い人災リスクといえば、自動車による交通事故ではないでしょうか。
堺市がある大阪でも、普段の生活で利用している方は多いです。
こちらでは一歩間違うと、多くの人の人生を左右してしまう自動車事故についての基礎知識をご紹介致します。

年間の統計

自動車事故は日常的に起こりえるもので、FPのサガラでも自動車保険に関するご相談を承る事は多いです。
平成25年度の警察庁統計によると交通事故発生件数は629,021件で、その内の死者数は4,373人、負傷者数が44,547人にもなります。
飲酒運転の取り締まり強化に伴い減少傾向にあるとはいえ、年間50,000人近い方が命の危険にさらされる、もしくは不幸にも命を落としてしまった事実はとても悲しい事です。
また大阪市でも自動車を利用している方は多いですが、平成25年度の年間死亡者数の内179人は大阪で起こった事故によるものです。
全国ランキングでも7位と不名誉な位置付けとなっています。

理由・傾向

近年の自動車事故の傾向としていわれているのが、高齢者に関わる事故です。
要因として高齢者の絶対数が増えている事、若い方に比べると身体機能が低下しているため、重大な事故につながりやすいという事が挙げられます。
また、住之江区では現在街全体として運輸・流通業が新しい産業として注目されています。国土交通省発表の大型トラックにまつわる事故の傾向分析によると、長距離・長時間運転による漫然運転や安全過信に次いで、十分な休息が取れていない事が事故原因として挙がっています。
業種によっては労働問題に発展する可能性もあるため、法人向け自動車保険の見直しをご検討中の企業様も多いのではないのでしょうか。

法的な罰則

自動車事故を起こしてしまった場合のリスクとして、法的罰則は大きいです。
交通事故加害者に課せられる法的責任として刑事責任、損害賠償等の民事責任、免許取消し等の処分による行政上の責任があります。
例えば、自動車事故について自動車運転過失致死傷罪が適用された場合、7年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金が科せられる事になります。更に被害者側への損害賠償責任や仕事で自動車を使用されている場合の免許取消し・停止リスクを比較すると、自動車保険への加入は決して損になるものではありません。


自動車保険は各保険会社によって様々なプランがあります。
FPのサガラは大阪市でお気軽にご相談いただけるFPとして、「保険の知識がない」「現在加入している保険がよく分からない」という方にもおすすめのプランや比較検討方法をご提案させていただく事が出来ます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional